ファクタリングのおすすめ点を解説

subpage1

主に中小企業などの経営者が事業資金を調達する方法として高い人気を誇っているのがファクタリング会社の利用です。
事業資金の調達といえば信用金庫などの金融機関の利用を考える人も多いでしょうが、金融機関から資金調達をするのと比較してファクタリングにはどのようなおすすめ点があるのでしょうか。詳細を詳しく解説していきます。ファクタリングの最も大きなおすすめポイントの一つが多少業績が悪くても利用できる点です。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

金融機関の融資の場合、業績が下降気味の場合断られてしまう可能性が高いですし、税金を滞納していたり赤字決算をしている場合には特に審査通過は厳しいと考えられます。
一方でファクタリングであれば多少業績が悪くても問題なく利用できるので、苦しい時の資金調達には特におすすめです。

またキャッシュフローの改善にも効果的と考えられます。

ファクタリングは売掛金を専門の業者に売却する契約であり、売掛金(負債)を減らしその分現金を得ることができます。



売掛金を売却することでたとえ取引先が倒産してしまい売掛金が不良債権となってしまった場合でもその不良債権を自社で弁済する必要もなくなるので、貸し倒れ損失発生のリスクを抑えることも可能です。



加えて、銀行の融資の場合融資実行まで数日程度の日数を要するのに足し、速やかに資金調達できる点もおすすめポイントです。

多くの業者が最短で即日の資金調達に対応しているので急いでいる時に便利です。