バリカンを長持ちさせるためのポイント

subpage1

高価なバリカンでも使用前後に適切な手入れが出来ない場合には、すぐに切れ味が悪くなってしまう可能性があります。

バリカン関連のノウハウを解説します。

そこで、バリカンを長持ちさせるためにも、使用前後に適切な手入れを行なうようにすると良いでしょう。


使用前に行なうバリカンの手入れをしては、注油があります。

これは、使用前後に行なうことが好ましいと言われています。
注油は専用のオイルを使用するようにしましょう。



製品によってはあらかじめ付属されていることもあります。
使用前に注油をすることにより、刃の動きがなめらかになり、剃り味も良くなります。
注油は、刃先・刃の根本に行なうようにします。



バリカンを使用した後は、水洗い可能なものは、水洗いを行い、細かい毛くずを洗い流します。
そのままの状態では刃が錆びてしまいますので、ティッシュもしくは柔らかい布で水分を拭き取り、水分をしっかりと拭き取ります。水分を拭き取ったら、必ず注油を行なうようにしましょう。

注油を行なうことにより、防錆効果も期待することが出来ます。

バリカンの中には、水洗いをすることが出来ないものもあります。
そのような場合は、専用のブラシなどを使用して毛くずを取り除きます。


その後、エタノールに刃を浸します。
その後の手入れは、水洗いをした時と同様で、十分に乾かし、注油を行なうようにします。
製品によって手入れの方法は若干異なることもありますので、必ず取扱説明書を確認し、その製品にあった手入れを行なうようにしましょう。