状況によりおすすめできるファクタリングは異なる

subpage1

ファクタリングという資金調達手段をご存知の方は、どれくらいいらっしゃいますでしょうか。
企業を経営している方であれば何らかの債権を保有しているはずですが、その債権を第三者に譲渡することで現金を手に入れる手法として知られています。

債権とは相手に対して何らかの行動を請求することのできる権利のことを言い、ことビジネスの世界ではお金にまつわる用語として使用されています。

ファクタリングのおすすめ

売上債権などという言葉を聞いたことはあると思いますが、自社の売上分の金額を購入者に支払うよう請求できる権利と言えばイメージできるのではないでしょうか。



ファクタリングは債権の回収が不能となる確率を下げることになるため、主に中小企業におすすめできる資金調達方法です。

なぜおすすめできるかというと、ファクタリングを検討すべき企業とは銀行融資を断られたり担保となる固定資産を持ち合わせていない企業になりますが、そのような企業としては多くの中小企業が当てはまるからです。


ファクタリングには2社間と3社間とがありますが、手数料やスピードについてそれぞれ違いがあり、会社の状況によりおすすめできる方法は異なります。

2社間の場合は元々の債務者への譲渡の連絡が不要なため、スピーディーな取引が可能となり急ぎ現金が必要な時には重宝します。



3社間の場合は譲渡した債権の管理や回収をファクタリング会社に委ねることになりますので、回収不能となるリスクを大きく提言することが可能となります。